月刊
社長のコラム
株式会社療食サービス社長のコラム

  • ​-第189号-​ピンチはチャンス編パート2~テレビ会議~(2020.12)

    コラム

    2020.12.01

    今号は前号に引き続き、ピンチはチャンス編のパート2といたしまして、テレビ会議の模様をお送りいたします。どうぞ最後までお付き合いください。


    テレビ会議、最近は皆さんもこの言葉を耳にすることが多いのではないでしょうか。弊社も、1年位前から本社と支店を結ぶツールとして活用しております。まだ経験されていない方には想像できないかも知れませんが、とにかく便利なツールなのです。


    ここで、弊社のテレビ会議の模様を少しご紹介させていただきます。皆さんにとって、何かの参考になれば幸いです。このテレビ会議、辞書を引きますと「離れた人と互いに顔を見ながらコミュニケーションできる会議システム」と書いてありました。新しいツールの出現です。本社に居ながらにして、複数の支店メンバーと話をすることができるのです。そしてそれは交通費と移動時間の削減にも一役買っているのです。正に、一石二鳥です。


     弊社は毎朝の朝礼時で活用しているのですが、まずは8時の始業に合わせて、司会者が「おはようございます。今日は○○支店○○さん、1分間スピーチお願いします」と発声致します。この間、本社・支店のメンバーは垣根を越えて同じフロアーにいるかのような雰囲気です。最後に「社是の唱和お願いします。感謝の心・・・」と唱和で終えるのです。もはや弊社になくてはならないツールとして浸透しているのです。文明の利器はすごいですね。改めて実感する思いです。


    これを活用することになったのは、知り合いの経営者から、テレビ会議の有効性の話を聞いたことがきっかけでした。早速それを弊社で取り入れてみましたところ、利便性とコストを上手くマッチングさせることができました。そして、その数か月後に、現在全世界を嵐に巻き込んでいるコロナウイルスの問題が発生したのです。私にとりましては、正しくピンチをチャンスに変える大きなチャンスになったのです。


    私は、常々社員に「ピンチはチャンスだよ」口癖のように言っております。ピンチはだれにでも訪れるものです。しかしその時、いかにピンチを最小化しチャンスに転換できるかが大切だと思います。では、そのためにはどうすれば良いかといえば、それは簡単です。どうしたらチャンスが生みだせるか真剣に考えることです。人間、お尻に火が付いた状態にある者の頭が最も冴えているのです。そうすれば必ず良いアイデアが生まれ、一つ一つ検証して行くことでチャンスに代わること請け合いです。是非、皆さんも試されてみてはいかがでしょうか。


    最後に、開始時間が早くて大変恐縮ですが、ご興味のある方は是非一度朝礼にご参加いただきたいと思っております。社員一同心よりお待ちしております。その為にも、今回のコロナウイルス問題が一日も早く収束することを心から祈っております。


    今号はパート2といたしましてお送りいたしました。最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。今号も最後は夫婦の会話で締めたいと思います。

    私  「謙一郎(長男・大宮支店)が同じ顔して、画面に映っていると不思議だねぇ」

    女房 「あらお父さん、ケンちゃんが似ていて良かったわね」

    私  「不思議だよ」

    女房 「似てなければ、それこそ問題よ!」

    私  「え?」

    お粗末様でございました。

    Image
  • ​​-第188号-​ピンチはチャンス編~久々のお弁当~(2020.11)

    コラム

    2020.11.01

    鶏肉のから揚げ、アスパラベーコン巻、卵焼き、煮物など色とりどりに入ったこの弁当、実は久しぶりの愛妻弁当であります。美味しそうでしょう。今号は「ピンチはチャンス編」の一つと致しまして、お弁当の話題をお送りいたします。どうぞ最後までお付き合いください。


    さて、私は仕事柄外出することが多く、今まではほとんど外食で済ませていました。しかし、今回のコロナウイルスの問題で外出することができず困っていた折、女房から「お父さん、久しぶりにお弁当持って行く?」とお声がかかり、早速お言葉に甘えることにしました。彼女は毎朝3人の子供たちに作っていたこともあり、弁当作りは得意中の得意でありまして「お父さん、今日は豚肉の生姜焼きよ、お肉が辛目だから卵焼きは甘目ね」と言った具合に、いろいろバランスを考えながら作ってくれているのです。今や弁当箱を開けるのが楽しみになってきました。こんな気持ちになれるのも、女房の手作り弁当のおかげです。感謝であります。


    感謝といえば、いくら感謝してもしきれないもう一人の人がおります。それは、私の弁当を長年にわたり作ってくれた亡き母であります。今思えば、気分が乗らない日もあったと思いますが、ほとんど毎日作ってくれたのです。これも感謝以外にありません。時代背景もあり、高級食材はありませんでしたが、いつも心のこもったおふくろの味でした。


    その中でも私が一番好きだったのは、高野豆腐を甘辛く煮た弁当でありまして、私はこれさえあれば他におかずがなくても満足するくらいでした。とにかく愛情が沢山詰まっていました。「今日の弁当美味しかったよ」と手渡すと、ニコッと微笑みながら弁当箱を洗ってくれていたのを昨日のように思い出します。男はいつになっても母親なのかもしれませんね。あまりおふくろのことばかり言っていますと女房に叱られてしまいそうなので、ここら辺にしておきましょう。


    今や弁当は手作り派とコンビニ派に分かれているようですが、どちらも美味しいものです。しかし、どちらかというとやっぱり手作り弁当ですよね。それを頂く人に対する愛情がたっぷり詰まっていますからね。これに勝るものはありません。皆さんの中で、まだ人のために作ったことのない方がおられましたら、機会を作って一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。また、いつも作ってもらっている人はこの一言が大事です。

    「今日も美味しかったよ!」

    さて、今日はどんな弁当かなぁ、今から楽しみです。今号は弁当にまつわる話でございました。


    最後までお付き合いいただきありがとうございました。今号も最後は夫婦の会話で締めたいと思います。

    私  「弁当美味しかったよ、明日も肉が良いね」

    女房 「もう若くないから魚が良いじゃない」

    私  「そうだなぁ」

    女房 「魚は骨抜き?」

    Image
  • ​​-第187号-​​普通が一番(2020.10)

    コラム

    2020.10.01

    前号で触れました新型コロナウイルスの問題が、地球規模で大きく変貌を遂げています。今や自然の驚異に人間の英知が試されているところであります。皆さんと共に、私たちができる手洗い・うがい・マスクの励行でこの危機を乗り切って行きましょう。さて、今号は普通が一番と題しましてお送りいたします。最後までお付き合いください。


    私と同世代の方には、共感できる節があろうかと思いますが、半世紀程前には、今となっては嘘みたいな本当の話がありました。卵やバナナが大変貴重品で、病気になって初めて口にできる時代でした。また、牛肉は超高級食材で、ステーキなど夢の世界でしかお目にかかれませんでした。私が初めて口にしたのは社会人になってからであります。その時の味が今でも忘れられません。今となっては懐かしい思い出でありますが、物の価値は、時代によってかなり変遷して行くものだと痛感している次第です。


    さて、話変わって時代は働き方改革の時代であります。弊社もこれに遅れまいと3年程前からいろいろ試行錯誤しながら準備し、只今実践中です。私はこの働き方改革の実践方法をまとめるにあたり、ある過去の反省を踏まえて理念を策定しました。その骨子はモーレツ(猛烈)という言葉を死語と心得、モーレツということを全部排除することから始めたのです。モーレツな目標、モーレツな時間、モーレツな人事、などなど考えればきりがありませんが、とにかくモーレツを排除しようと思ったのです。これを改善しない限り本質的な真の働き改革ができないと思ったのです。


    そこで、基本は「普通に働いて普通に生活できる会社作り」を目指そうと思ったのです。普通の定義は人それぞれ意見が異なるでしょうが、私の目指す普通とは「自然に逆らわず無理のない働き方」であります。限られた時間の中で、背伸びすることなく活き活きと働ける環境作りであります。「あれ、それは夢のような話じゃなぃ」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、とにかく脱モーレツに向かって只今突進中であります。そしていつしか、弊社の働き方が、半世紀前は高級食材であった卵、バナナやステーキ用の牛肉が、現在ではスーパーでごく普通に手に入るように、世の中で当たり前に受け入れられるように頑張ってまいります。今号は「普通が一番」と題しましてお送りいたしました。最後までお付き合いいただきありがとうございました。


    今号では、飛び入りで孫の陽万里(ひまり)が初登場であります。

    私   「陽万ちゃん、今日はじいじいと寝る?」

    陽万里 「じいじい、良いよ」

    私   「陽万ちゃん、今日は寝かせないよ」

    女房  「お父さん、変なこと言わないでよ!」


    私にとってこれが最高の普通の生活です。

    お粗末さまでございました。