月刊
社長のコラム
株式会社療食サービス社長のコラム

  • -第196号-​一通の手紙(2021.7)

    コラム

    2021.07.01

     先日、「ご無沙汰しております。元〇〇会社のKです」と弊社を以前担当していただいたメーカーの元担当者の方から嬉しい便りをいただきました。今号はそのエピソードをお話しさせていただきます。どうぞ最後までお付き合いください。


     この手紙を送ってくださったKさんは、弊社担当当時から社員に好かれ、一生懸命頑張ってくれていました。しかし、一身上の都合で退職され、しばらく音信が途絶えておりましたが、先日一通の手紙をいただきました。手紙には社長冥利に尽きる話が綴られていました。今号は若い皆さん方に人生の先輩として上司の部下に対する仕事の妙技をご披露させていただきます。


     私はこれまで半世紀近く働いてまいりましたが、その間色々な経験をし、その中には失敗も多々ありました。そして様々な人と関わってまいりました。仕事を明るく出来る人、前向きに出来る人等々色々な人の様々な面を見てまいりました。私の中で仕事の出来る人の一番重要な必須条件は、明るく仕事に前向きで人に好かれる事だと考えています。そんな中で冒頭のKさんはまさしく「仕事の出来る人」でした。Kさんの持つ知識、あるいは経験が相手に満足を与え、そこにプラスしてKさんの明るさがとても光っておりました。そんな具合ですのでいつも成績は抜群でした。羨ましい限りの方でした。


     しかし、世の中そんな人ばかりいるわけではありません。どちらかと言いますと仕事に対して思うように実力を発揮出来ない人の方が多いのではないでしょうか。そういう時こそ先輩や上司にどんどん甘えてください。そして先輩や上司の方には後輩や部下を指導するにあたってお願いがあります。それは、「あぁ、この事も良い所だね」「こんな一面があったねぇ」とその人の良い所をどんどん見つけて伸ばして欲しいのです。


     私の若かりし頃はそれが中々出来ませんでした。お構いなしに「こんな事も出来ない」「こんな考えだからダメなのよ」と頭からマイナス面ばかりを見ていました。しかし年齢を重ねるごとに「100%完璧な人」などいないという事が分かってまいりました。反省しきりであります。話は戻りますが、先輩や上司の方も部下の良い所を積極的に見つけて伸ばして行くと、「この仕事は大丈夫、任せてみよう!」と思えてきます。そうすると仕事を任された部下は「上司が任せてくれたのだからもっと頑張ろう!」と思うものです。皆さん如何でしょうか。こんな構図をKさんから学ぶことができました。Kさんへは、「私はKさんと一緒に仕事が出来た事を誇りに思います。機会があればまたご一緒しましょう!」とエールを送りました。そして心から幸多かれと願うばかりです。


    今号も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

    今号も最後は夫婦の会話で締めたいと思います。


    私「Kさんから手紙をいただいたよ」

    妻「お父さん、嬉しい手紙だねぇ」

    私「一度、機会を見つけて会うことにしたよ」

    妻「良いね、私も会いたいわ」


     お粗末様でございました。

    Image

  • ​​-第195号-​コロナ禍とウォーキング(2021.6)

    コラム

    2021.06.01

     私が毎日ウォーキングをしている宇都宮の街路樹もすっかり新緑が芽生え、一年中で最も良い季節を迎えております。皆さんいかがお過ごしでしょうか。コロナ対策もワクチン接種が開始され、少しずつ前に向かっているように感じます。今号は3月号に続き、「3密を回避しながら(ウォーキング編)」をお送りいたします。どうぞ最後までお付き合いください。


     私のウォーキング歴は長く、かれこれ20年になります。車通勤から電車通勤に変えたことがきっかけではありますが、当時少々太り気味だったこともあり一念発起して「よし!駅から会社まで歩くぞ!」と意気込んでウォーキングデビューしてから気が付けば20年が経っていました。本当に早いものです。


     今ではその甲斐あってスリム体型を維持しており、まさしく「継続は力なり」の世界です。ウォーキングの楽しさは、春には新緑の芽吹きを感じ、秋には紅葉を眺めながら歩くといった四季の変化を肌で感じることができることであり、心と身体の最高のリフレッシュであります。それにお金がかからないことが何よりですよね。改めてウォーキングに感謝、感謝であります。


     さて、今号はここからが本番でございまして、20年歩いていますと健康保持もさることながら、別の意味で徳があるのです。その徳とは「行きに希望に満ち溢れ、帰りに一日の反省を促す」というものです。「どういう意味かしら?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私にとってはこのような心境であります。


     毎朝、朝日を浴びながら歩くと「今日はこんなことをやろう」、「こうするとお客様が喜ぶね」といった具合に不思議とポジティブな発想が湧いてきてワクワクするのであります。帰りも朝と同様に自然と反省の弁が出てきて「今日の会議まずかったなぁ。次回はこうしよう!」といったように反省の時間に変身するのです。時には真剣になりすぎてメモ帳片手に固まっていることもあり、周りから「あのおじさん何をしているんだろう?」と不思議に思われているかもしれません。


     どちらにしても私にとって朝夕のウォーキングは至福の時間であり、宝の山に変身する時間になっているのです。「行きに希望に満ち溢れ、帰りに一日の反省を促す」という徳の意味をお分かりいただけたでしょうか。これからもウォーキング歴30年に向けて杖ではなく、変わらずメモ帳片手に歩いていきたいと思います。皆さんも是非トライしてみてはいかがでしょうか。新しい発見があること請け合いです。


     今号はコロナ禍における「3密を回避しながら(ウォーキング編)」でお送りいたしました。最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。

     今号も最後は夫婦の会話で締めたいと思います。


    私「ウォーキングを始めて20年になるよ」

    妻「早いね」

    私「30年に向けて頑張るよ」

    妻「お父さん、車いす生活はまだ早いからね!頑張ってよ!」

     お粗末様でございました。


     

  • ​​​-第194号-男泣き(2021.5)

    コラム

    2021.05.01

    私事で恐縮でございますが、今号は少々湿った話でございますが、お許しください。

    実は、我が家の愛犬タロウですが、3月に74ヶ月の生涯を終えました。

    お客様を訪問した際に「タロウちゃん、サスケちゃん元気ですか?」、「タロウちゃん可愛いですね!」などのお言葉をいただき、皆様から大変可愛がっていただいておりましたので感謝とご報告の意味を込めて今回お話しさせていただきました。


    タロウは1月に動物病院で「悪性リンパ腫」の診断を受け、先生からは「余命1~2ヶ月です」と告げられました。我々夫婦は「えぇ!どうしてそんなに早く?!」と信じられない気持ちでいっぱいでしたが、日を追うごとに先生の言葉が現実味を帯び、3月にタロウは旅立ちました。


    7年前にタロウ達を飼いはじめた時には「犬の寿命は14~15年ですよ」と言われましたが、まさかこんなに早く死が訪れるとは夢にも思っていませんでした。本当に悔やんでも悔やみきれません。しばらくは放心状態で10年前に自分の親を看取った時にはそんなに出なかった涙が、どういうわけか今回はとめどなく流れてきます。ある方の話によりますと、飼っている動物を亡くすことは、自分の子供をなくした時と同じ心境になるそうです。全く同感です。

    過ぎ去った過去は戻りませんが、ついついタロウが元気だった頃を思い出し、「私の帰りを玄関先で待っていてくれたなぁ」「手足をいつもペロペロなめてくれたなぁ」などと思い出すと自然と涙が溢れてきます。


     子供の頃に親から「男はメソメソするものではない」と言われていましたが、男だって泣きたい時は泣きたいものです。このコラムを書いている今も涙腺が緩んで涙が溢れてきます。皆さんにもこんな経験はおありでしょうか。動物病院の先生がおっしゃっていた「動物を飼う時には覚悟が必要なんですよ」という言葉がタロウを亡くした今、心に深く残っています。皆さんも動物を飼う時にはこの言葉を思い出してください。


    今回、タロウを飼っていろいろ学ぶことができました。まずは動物も人間も愛情と尊敬の念を持って育てることが一番大切だということです。また、動物は話せませんので、だからこそ一挙手一投足に気配りを怠らないことが肝要だと思っています。その結果「癒し」というご褒美を我々人間に与えてくれるのではないでしょうか。そんな思いをタロウから学ぶことができました。タロウには心から感謝であります。


    ここでタロウ達を可愛がってくださった皆様方に心から感謝申し上げます。そして今号をもってタロウとサスケのコーナーは終了させていただきます。長きにわたり読んでいただきありがとうございました。今号も夫婦の会話で締めたいと思います。


    私「タロウを思い出すと泣けてくるね」

    妻「本当ね。私も・・・」

    私「タロウの分までサスケに愛情を注ぐか」

    妻「お父さん、サスケが20年長生きできるよう頑張ろうね」

    お粗末様でございました。

    Image