月刊
社長のコラム
株式会社療食サービス社長のコラム

1
  • -第175号-
    ​​​​​​​新入社員頑張っています!(2019.7)

    コラム

    2019.07.01

    月日が経つのは早いものでありまして、元号が平成から令和に変わって早2か月が過ぎました。皆様いかがお過ごしでしょうか。さて、弊社では新入社員が4月から3名入り、今、本社で研修中でございます。近日中に皆様のところにお邪魔することができるかと思います。どうかその節はよろしくお願いいたします。そんなわけで今号は新入社員にスポットを当てて、昨今のリクルート事情についてお話をさせていただきます。どうぞ最後までお付き合いください。


    最近では新人3人もすっかり学生気分が抜け、会社人としての気構えが出てきたように思います。「がんばっているか!」と声を掛けますと「はい」と頼もしい返事でありまして、成長ぶりがうかがえます。担当者に「いつまで研修するの?」と尋ねますと「後3か月ほどやります」との返事であります。「えぇ、そんなにやるの!」と返すと、「社長、じっくり教育しないと、お客様に失礼ですから」とこれまたごもっともな返事なのであります。


    私の新入社員時代に比べたら別世界のようであります。「ほら、また始まった」と思われるかもしれませんが、少々お耳を貸していただきたいと思います。我々の時代は、研修というよりも即現場で通用する人材教育が支流だったと思います。直接先輩や上司から学ぶスタイルで、私など最初に勤めた職場は、上司が一人ということもあり、四六時中一緒で24時間指導を受け続けていたように思います。「あぁ、こんな時こんな会話をすれば良いんだなぁ」「この時このような判断をすれば良いんだなぁ」と後ろ姿からたくさんの学びを得ました。まさしく生きた教育であり、今ではすごく懐かしく、大きな財産であります。


    社内研修はOJT教育とかOFF-JT教育とかいろいろ方法がありますが、どちらにしても目的はお客様満足を高めることであります。残り3か月みっちり仕込み、皆様に好かれる人材に育てていきたいと思います。また併せて社員も弊社理念であります、「感謝の心、謙虚な心、素直な心」が実践できるよう育ててまいります。引き続きご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。


    今号も最後まで読んでいただきありがとうございました。今号も最後は夫婦の会話で閉めたいと思います。

    私  「新人3人頑張っているなぁ」

    女房 「お父さん、良い人達で良かったわね」

    私  「それにしても、人を育てるって大変だなぁ」

    女房 「あら、お父さん、子供たちは全部私が育てたのよ」

    お粗末様で御座いました。




  • ​-第174号-
    特別編「父ちゃん行ってきます!」​​​​​​​(2019.6)

    コラム

    2019.06.01

    皆さんこんにちは、いよいよ夏本番ですね。暑さに負けず頑張りましょう。さて、このコーナーに関して、皆様方から「毎回楽しみにしています」「何かほっとします」等の感想を頂くことがあり、一人悦びに浸っております。本当にありがとうございます。そしてその中に「夫婦の会話が面白いわ、どんな奥様」と質問を頂くこともありましたので、今号は特別編と致しまして女房(我が家では母ちゃんと呼んでおります)を改めてご紹介させていただきます。どうぞ最後までお付き合いください。


    先ずは母ちゃんの年齢でありますが、50ウーン歳なのであります。我々夫婦も子育てが終わり、今ではすっかり酸いも甘いも知りつくした同居人と言ったところであります。近頃の話題と言えば、もっぱらもう皆さんおなじみ愛犬(タロウとサスケ)の話題ばかりでして、いたって平和な毎日なのであります。


    しかし母ちゃんはそれに飽き足らず、エネルギッシュに趣味に没頭しているのであります。まず何に一番没頭しているかと言いますと、水泳なのであります。そしてピアノに英会話、はたまた料理に家庭菜園と、毎日フル回転なのであります。誰も同じに一日は24時間でありますが、母ちゃんにだけはそれ以上に時間があるかのようです。後程それを証明する写真をお見せしたいと思います。


    ある日、思い切って聞いてみました。

    私  「どうしてそんなに頑張れるの?」

    女房 「子供の頃ね、やりたかったのよ、でも両親が許してくれなくてね」

    今それを取り返すかのようにエネルギーを爆発させているのであります。


    特に水泳には人生をかけているようでありまして、どのくらいかと言いますと、月2回東京まで足を運び、元オリンピック選手の森隆弘先生から個人指導を受けているのであります。これが証明写真であります。皆さんご理解いただけたでしょうか。残念ながら顔をお見せすることができませんが、正真正銘母ちゃんの肉体美なのであります。


    私など凡人には「こんなに一つのことに打ち込めるなんて、すごいなぁ」とただ、ただその一言であります。誰しも人生は一回です。自分の好きなことにチャレンジしながら、人生を楽しむ、こんな生き方を母ちゃんから学びました。母ちゃんありがとう。これからも健康に留意しいつまでも頑張ってもらいたいと思います。皆さん今号も最後まで読んでいただきありがとうございました。

    今号も夫婦の会話で閉めたいと思います。

    私  「明日の大会はどこでやるの!」

    女房 「父ちゃん、盛岡よ、お土産買ってくるね」

    私  「頑張ってよ」

    女房 「一位取ってくるからね」

    私  「・・・・・」私には真似できません。

    大変お粗末さまでございました。


  • -第173号-
    ​​3000冊​​​​​​​​(2019.5)

    コラム

    2019.05.01

    皆さんこのタイトルをご覧になり、何を連想されましたでしょうか。実は私がこれまでに読んだ本の冊数のことでありまして、我ながらに「まぁ、よく読んだものだなぁ」と感じているところであります。そんなわけで、今号はその本に纏わる話をさせていただきます。最後までお付き合いください。


    私が本格的に本を読み始めたのは、30代後半からでありまして、約30年間かけて3,000冊読んだことになるのでしょうか。年間で100冊、月間で7~8冊と言った具合です。ジャンルはどちらかといいますともっぱら経営本が中心であります。27歳で創業し30代後半まで無我夢中で経営に取り組んできましたが、ある時、自分の勉強不足を痛感し、その答えを得ようとたどり着いたのが本だったのであります。


    「ピンチはチャンス」という言葉がありますが、文字通り私も「ピンチは最大のチャンスだなぁ」と改めて実感しているところであります。当時「この仕事をするにはこんなことを知っておいた方が良いかな」とか「こんなことを知っているとお客様に喜んでいただけるだろう」と常に問題意識を持ちながら仕事に励んでおりました。そして当時、本からその解決策のヒントを得ることにより、学ぶことの大切さを実感しておりました。


    今振り返ってみますと、人生で一度ぐらい、わき目もふらず一心不乱に勉強する時期があっても良いのではないでしょうか。そんな思いを303,000冊から学ばせていただきました。私にとって本はただただ感謝の一言に尽きるものなのであります。


    これからも新しい本との出会いを楽しみながら4,000冊に向けてチャレンジしていきたいと思います。NHKの「チコちゃんに叱られる!」という人気番組がありますが、その彼女に「偉そうに何言っているのよ!」と叱られそうであります。若い時と違って、最近は状況が一変し、現状は掲載写真の様であり、家内から「お父さん、よだれ垂れているわよ、早く寝たら!」と言われてしまっております。それにもめげず、眠い目をこすりながらも、これからも程々にがんばって行きたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。


    今号も夫婦の会話でしめたいと思います。

    私  「最近、歳のせいか、字が見えないのよね」

    女房 「あら、お父さんしょうがないわよ」

    私  「今、はやりの○○○ルーペ買って来たよ」

    女房 「それは良いけど、どうせすぐ寝ちゃうでしょ!」

    お粗末さまでございました。

    Image
1