月刊
社長のコラム
株式会社療食サービス社長のコラム

1
  • -第179号-
    ​わが社の働き方改革(2019.11)

    コラム

    2019.11.01

    政府の肝煎りで4月からスタートした働き方改革、皆さんの職場ではいかがでしょうか。まだ発展途上ではありますが、今号は弊社の取り組みについて少しご紹介させていただきたいと思います。どうぞ最後までお付き合いください。


    最近つくづく時代は変化するものだなぁと実感するものがございます。その一つが有給休暇制度の在り方であります。私が創業した40年前にも勿論この制度はありましたが、あまり実行されていませんでした。そこで、その反省を踏まえて新しい仕組みをスタートさせました。土・日曜日の2回を挟み9連休を取得させるようにしたのであります。それも前期と後期に分けて年2回取得できるのであります。「何、9連休2回だと!」「それ、どういうこと!」とお叱りをいただくお客様もいらっしゃるかもしれませんがどうかお許しください。


    私は創業期、会社を経営するにあたって一つの誓いを立てました。それは「自分はさておき、人に与えること」を優先しょうと考えたのであります。つまり今流で言いますとアメリカのトランプ大統領がアメリカファーストと言っているように、私は社員ファーストで経営をしょうと考えたのであります。その発想の原点は私の両親にあるのかもしれません。子供の頃、両親は食べなくても私と弟に食べさせてくれました。子供心に「親はすごいなぁ」と感じたものであります。


    そんな思いがいつも脳裏にありまして、会社は家族、社員は子供、子供に与えることが社長の責任、偉そうなことを言っているようですが、そんな風に感じておりました。9連休はその一環なのであります。ただし休暇を取るにあたって一つだけ条件を付けました。それは期間中どこかで親孝行をすることであります。ある人は親とゆっくり食事をしたり、親を亡くした人は親の墓参りに行ったりと、社員一人一人が計画を立て実行してくれているのであります。


    社員から「久しぶりに親とゆっくり話すことができました」「墓参りに行ってきました」などリフレッシュの便りが届くたびに親を思い出します。お客様に良い提案を差し上げるためには、まずは社員が満足できる環境を作ってあげること、そのうえでお客様満足を追求することができればと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。


    今号は働き方改革の一端をご披露させて頂きました。今号も最後までお付き合いいただきありがとうございました。今号も夫婦の会話で締めたいと思います。


    女房 「私たちも9連休欲しいわね!」

    私  「社長だからなぁ」

    女房 「じゃ、女房孝行休暇作ったら!」

    私  「・・・・・」

    お粗末様でございました。

  • -第178号-
    感謝をいただく手紙(2019.10)

    コラム

    2019.10.01

    家を見下ろす那須連山も木々が色づき始め、秋一色に染まろうとしております。皆様の所の紅葉前線はいかがでしょうか。さて今号は感謝をいただく手紙と題しましてお送りいたします。どうぞ最後までお付き合いください。


    弊社では、今年4月から初めての試みと致しまして社員のご両親(どちらか)に誕生日プレゼントとしてケーキを送ることにしました。「えぇ、どうしてそんなことをするのよ!」と驚かれる方もおられると思いますが、その根拠は弊社の社是である「感謝の心」にございます。それは、仕事関係もさることながら、私生活においても周囲に感謝することが大切であるという事を謳っております。


    そして、私は特に一番に感謝すべき人は自分の両親だと思っております。それは自分をこの世に産んでくれたからであります。そのことにまず感謝であります。私など両親がいないものにとりましては「孝行したい時に親はなし」ということわざがぴったりくるくらい、親を亡くしてみて初めて親の有り難さを実感するものであります「あの時、もっと父親に優しくしてあげればよかったなぁ」「母親にはもっといろいろな所を連れて行ってあげればよかったなぁ」などと言ったらきりがないくらい反省しきりであります。


    社員 「社長、ご両親共に亡くなっている場合はどうしましょうか」

    私  「どちらかの命日で良いじゃない」

    ということで今試みている最中であります。やってみてわかったことは、ダントツで父親より母親にあげる社員が多いということであります。私もそうですが、父親より母親ですよね。納得であります。良い社員を産んでくれたご両親に感謝を込めて送っているのであります。


    そのお返しに届いたのが、ベテラン社員Sさん家族様からの手紙でありまして「ケーキを家族全員で美味しくいただきました。両親までこのような素敵な計らいをしてくれる会社が他にあるでしょうか!これからも両親を大切にしながら過ごして参ります。ありがとうございました」と綴られていました。思わず目頭が熱くなる思いでありました。これからもできる限り継続して参りたいと思います。


    弊社もおかげさまで良きお客様、良き社員に恵まれ後少しで40年の節目を迎えることが出来ます。これからも社員ともども頑張って参りたいと思います。引き続きご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。今号も最後まで読んでいただきありがとうございました。


    今号も夫婦の会話で閉めたいと思います。

    私  「Sさんの手紙嬉しいね」

    女房 「本当ね、家族で食べている様子、目に浮かぶようね」

    私  「今日は社長冥利に尽きる一日だったなぁ」

    女房 「お父さん、我が家にいつケーキ届くのかしら?」

    お粗末さまでございました。


  • -第177号-
    ​おかげさまで「アールエス」店舗8周年(2019.9)

    コラム

    2019.09.01

    お得意様から「病院は食事管理ができるけど、自宅に帰ると中々難しいのよね、患者さんが自宅で上手に治療食を作れるようお店創ってよ」そんな声に答えるべく開店したのが「アールエス」でございます。おかげ様で今年8周年を迎えることができました。今号はこれまでのお礼を込めましてお送りいたします。どうぞ最後までお付き合いください。


    写真で御覧いただいております店舗はFKD宇都宮店1階にありまして、腎臓病、糖尿病、高血圧、そして介護など治療用食品約1000アイテムを取りそろえて販売している、全国的にも珍しいお店なのであります。開店した当初はあまり存在が知られていなく、お客様がまばらでありましたが、最近では知名度がアップし、遠方からご来店されるお客様も増えてまいりました。ここまで来ることが出来たのもお得意様のご支援と8年間頑張ってくれた5人のスタッフのお蔭であります。心から感謝しております。


    この紙面で改めて5人を紹介させていただき日頃の労をねぎらいたいと思います。まず要の店長でありますが、気配りのできるアイディアウーマン大田和店長であります。店長に会いたさにわざわざ遠方からお越しいただくお客様もいらっしゃって、嬉しい悲鳴であります。

    次に店では補佐役のいつもニコニコ髙橋アールエス課長(左端)であります。若い女性よりダントツ年配女性に支持され年配キラーであります。

    次に弊社に勤務しながら独学で管理栄養士国家試験にパスした頑張り屋の佐藤さん(左から2人目)であります。目下子育てにフル回転しております。

    そして髙橋課長同様年配女性から愛され親しまれているベテラン相馬さん(右端)であります。還暦を過ぎ益々元気いっぱいであります。

    最後は病院勤務40年と、その経験を活かし一手に食事相談を引き受けているベテラン管理栄養士加藤さん(右から2人目)であります。


    この5人がチームになり良い仕事をしてくれているのであります。これからもお客様に寄り添い「アールエスに行って良かった」と言っていただけるよう精進してまいります。引き続きご支援ご指導賜りますようお願い申し上げます。皆様もお買い物がてら一度お立ち寄りいただければ幸いで御座います。今号も最後までお付き合いいただきありがとうございました。


    今号も夫婦の会話で締めたいと思います。

    私  「今日店に行ったら、みんな一所懸命頑張ってくれていたよ」

    女房 「本当に、頭が下がるね」

    私  「私もまだまだ頑張らないといけないなぁ」

    女房 「そうよ、お父さん本読みながら寝ている場合じゃないわよ」

    お粗末様でございました。



     

1