月刊
社長のコラム
株式会社療食サービス社長のコラム

  • ​​​​-第154号-
    ​オンとオフ(2017.10)

    コラム

    2017.10.01

    我が家に程近い那須高原もすっかり木々が色付きはじめ、「是非見に来て下さい」と言わんばかりに秋一色であります。皆様是非那須高原へお出かけください。お待ちしております。


    さて、今号は前号で予告させていただきましたソフトボール大会の模様をお送り致します。また「オンとオフ」という仕事の流儀についても触れてみたいと思います。今号も最後までお付き合い下さい。このソフトボール大会は昨年に引き続き2回目の参加であります。弊社は近年20代の若い社員が増えてまいりまして、ソフトボールチームが編成できるまでになってまいりました。そんな折、この大会の案内を知り「会社のPRとレクリエーションを兼ねて是非参加しよう」と思い立ったのが発端でありまして、元々は軽いノリでスタートしたのであります。


    しかし、日を追うごとに「待てよ、やるからには勝ちたいね」という勝利願望が強くなり「じゃ、やるからには優勝の二文字を目指して頑張ろう」と相成ったわけであります。その為に、直前の営業会議のスケジュールを変更してまでも練習に励みました。しかし、レクリエーションの一環とはいえ、世の中そんなに甘いものではありません、昨年の試合は22対0の大差で敗れてしまいました。あまり思い出したくありませんが、これが昨年9月号でお伝えした大会のあらましであります。


    さてここからが本番です。そういうわけで今回は何としてでも屈辱を晴らそうと燃えたのであります。その燃え具合を皆様に報告させていただきますと、まず血のにじむような練習とまではいきませんが、昨年同様営業会議を返上し練習に時間を費やしたのであります。


    また今回は体育会ハンドボール部出身のルーキーもデビューしました。また皆が楽しみにしていた前夜祭(飲み会)も良かったです。皆さんいかがでしょうか「少しやり過ぎじゃない」「あら、楽しそうで良いじゃない」と賛否あろうかと思いますがこれ療食流なのであります。そして、その時発表したスターティングメンバーも、やる気と若さよりも才能と実力を重視した勝ちに行ける陣容にしました。


    ここら辺で「それより早く試合結果教えてよ」とお声が聞こえてきそうでありますが、お待たせしました、発表致します。今年も残念ながら、惜しくも53の僅差で敗れてしまいました。選手、応援団共に皆一生懸命頑張ってくれたのですが残念です。しかし私にとってそれ以上に大きな宝を得た思いでありました。それはなんと言いましても会社の団結力を見た思いでありました。


    仕事は一人ではできません。やはりチームワークであります。それは非日常的なレクリエーションの中でこそ目に見える形で醸成されるのではないでしょうか。とにもかくにも、社員全員が一丸となって一生懸命努力する姿に、明るい将来を見た思いでありました。これは社長冥利に尽きます。これからも仕事と遊びの「オンとオフ」、この切り替えを更に深めていきたいと思います。今号も最後まで読んでいただきありがとうございました。今号も夫婦の会話で閉めたいと思います。


    女房「お父さん、皆がんばって良い試合でしたね」

    私 「そうだね、皆良く頑張ってくれたね」

    女房「来年お父さん練習して出たら!」

    私 「やるか!」

    お粗末さまでした。

    Image Image
  • ​​​​-第153号-
    ​​朝の体操(2017.9)

    コラム

    2017.09.01

    皆さんこんにちは、毎日いかがお過ごしでしょうか。残暑厳しい折、お身体大切になさってください。ご覧の写真は、毎朝本社朝礼時全員で元気よく体操している風景であります。私も真面目に頑張っております。今号はそんな体操に纏わる話を中心に健康について考えてみたいと思います。どうぞ最後までお付き合いください。


    皆さん体操と言いますとどんなことを連想されるでしょうか。私など古い人間にとりましては、なんと言いましても子供のころ夏休みに毎朝行ったNHKラジオ体操の「1、2、1、2」を思い出すのであります。それが今ではすっかり様変わりしましてご覧のような椅子に座って体操する時代に変化してきたのであります。


    この体操、実は栃木県がここ2~3年前から推奨しております「元気ニコニコ体操」というものであります。誰でもどこでも簡単にできるのが特徴でありまして、弊社も4月から朝の始業時に取り入れ皆で体を動かしているのであります。やってみると意外と簡単で体が柔らかくなり始業時にはもってこいなのであります。是非皆さんも職場で試してみてはいかがでしょうか。詳しくは栃木県のホームページをご覧ください。


    この体操もさることながら、弊社では以前からこのコーナーでもいくつかご紹介しましたように「健康経営」という考え方を取り入れ取り組んでおります。その例をご紹介いたしますと、全員に万歩計を配布し、1日平均8千歩以上歩いた社員に月単位で報奨金を進呈しております。また、社内はもちろん敷地内を禁煙にし、喫煙撲滅を進めております。


    おかげさまで喫煙率が下がったり、健康診断結果が良くなったりと一定の効果は出ているのですが、私にとっては今一歩なのです。それは社員各自の健康への意識がまだまだ低く、自発性が欠けている事であります。中には率先して自分の体と向き合いいろいろチャレンジしているものもいるのですが、まだまだ発展途上なのです。これが今後私に課せられた課題であります。


    でも、しばらくは他力本願OKで、会社ができることを積極的に取り入れ、社員の健康意識を高めていければ良いなぁと思っております。そしてその一環として今週末に予定されております、地元工業団地内企業対抗のソフトボール大会の模様も次号(10月号)でご報告させていただきます。どうぞお楽しみに。

    今号も最後まで読んでいただきありがとうございました。最後に夫婦の会話で閉めたいと思います。


    女房 「最近お父さん、寝る時間早くなったわね」

    私  「中身の濃い仕事をしているからね!」

    女房 「・・・・・・歳のせいじゃない?」

    私  「ぐーぐーぐー」

    大変お粗末さまでした。

    Image
  • ​​​-第152号-
    ​お皿もなめちゃいます!(2017.8)

    コラム

    2017.08.01

    ご覧の写真はおなじみ我が家の愛犬(タロウ・サスケ)であります。朝晩出された食事をぺろりと平らげ、「もっとないの?」と催促しているかのようでありまして、今号はそんな話題を織り交ぜながら「お皿もなめちゃいます!」と題しましてお送りいたします。最後までお付き合いください。


    我が家のタロウとサスケは現在3歳半を迎えたところでありまして、人間で言いますと20歳代と言ったところでしょうか。規則正しい生活を送っているせいか病気もせず毎日元気に飛び跳ねております。ここからは我々人間社会の話でありますが、少し歳と共に気になることがあるのです。それは家庭でも外食でも同じことですが食べ残すことが当たり前の風潮になっていることです。特に私が最も心を痛めるのは宴会時の食べ残しでありまして美味しい料理が全く手つかずの状態で残ってしまうことであります。つくづく「もったいないなぁ、誰かに食べてもらいたいなぁ」と思ってしまいます。


    宴会は乾杯が過ぎますと、皆さん席を立つ人が増え、私もそうですが、お酒が入りますとついつい話に夢中になり、気が付くと中締めと言った具合で全く料理を口にすることなく終わってしまうことが多々あるのです。しかし考えてみてください。地球上には食べたくても食べられない人が何億人もいる訳でありまして、それこそ正に罰が当たる行為であると反省することしきりであります。


    そんな折、あるテレビ番組で「これ使えるなぁ」と思えるような情報がありまして、その情報を早々会社のメンバーに話したところ、「やりましょう」ということになり、弊社宴会で試すことにしました。そうしたらそれが意外と受けたのです。それは実に簡単なことでありまして、宴会終了時間15分前に、「皆さんこれから食事タイムです、各自自分の席に戻って料理を食べましょう」とそれだけアナウンスするのです。皆さんいかがでしょう。

    これだったら誰でもできますよね。これによって食べ残しがなくなれば最高ですよね。弊社では宴会時にこの方法を取り入れ、残さない教育を実践しているところであります。学校給食も同じように、配膳の際、前もって自分に合った量に調整することで食べ残しを無くす教育が実践されていることは、大変喜ばしいことだと思っております。人間も動物も、限られた資源を有効活用しながら、おなか一杯食べることのできる幸せを実感しながら食を楽しみたいものだと思いました。


    今号もいつものように夫婦の会話で締めたいと思います。

    女房「お父さん、カレー作っても一週間、天ぷら作っても一週間、これやめてよね」

    私 「でも、捨てていないよね」

    女房「だけどさ、一週間どう考えても長いわよね」

    私 「・・・・・・」


    お粗末様でございました。今号も最後まで読んでいただきありがとうございました。


    2017-8-2 2017.8-1