月刊
社長のコラム
株式会社療食サービス社長のコラム

  • ​​​​​​​​-第169号-
    今年も「療食の絆」で頑張ります!(2019.1)

    コラム

    2019.01.01

    皆様、あけましておめでとうございます。お正月はいかがだったでしょうか。私は、今年も元旦の恒例行事となっております大田原環状道路(約12キロ)の一周ウォーキングを実施しました。なんと言いましても、今年も健康第一でウォーキングにそして読書にと人生を楽しみたいと思います。さて、今号は昨年実施致しました社員旅行(三重県伊勢志摩)の様子を織り交ぜながら「療食の絆」と題しましてお送りいたします。どうぞ最後までお付き合いください。


    ご覧の写真いかが感じ取っていただいたでしょうか。皆和気藹々と楽しく写っている写真で御座いまして、私もいつになく羽目を外してしまいました(笑)。この旅行すっかり社内行事として定着しております。私の若かりし頃はどの会社も当たり前のようにやっていましたが時代の流れなのでしょうか。この旅行の目的は一にも二にも親睦なのであります。以前お話し申し上げましたように、会社経営の主軸は会社も家族の延長線でありたいというのが私の持論であります。いたってシンプルなのであります。


    普段家族は当たり前のようにご飯を食べ、お風呂に入り、そして一緒に寝る。これは当たり前のことですよね。会社も一年に一回ぐらいこのような環境で一緒に過ごすことができたら良いなぁと思うのであります。社員同志和気藹々と酒を酌み交わし、お風呂でゆっくり世間話をする。共に枕を並べて寝る。これ楽しいじゃありませんか。そんな世界からコミュケーションが生まれ、絆が成就されていくのではないでしょうか。そんな思いと言いましょうか願いを込めて実行しているのであります。


    昨年から更に絆の和を広げようとしています。なんだとお思いでしょうか。それは何とソフトバレーボール大会なのであります。ソフトボール大会は恒例行事になっていますが、今年から新たに追加しました。その模様は次号(2月号)で改めてご報告させていただきます。楽しみにしていてください。


    どちらにしてもお客様満足を極める為には、まず働く社員がいきいきと働ける環境を作ることが先決だと思います。その上でお客様満足が達成できれば私に取って望外の喜びであります。今年もお客様にご満足いただけるよう社員共々がんばってまいります。そして、延いては「お客様方との絆」を更に深めて行ければ最高です。引き続きご愛顧賜りますようお願い申し上げます。今号も最後まで読んでいただきありがとうございました。


    今年も夫婦の会話で閉めたいと思います。

    私  「今年も旅行楽しかったなぁ」

    女房 「お父さん、なんだかカラオケ嬉しそうだったねぇ」

    私  「社長冥利に尽きる一時だったよ」

    女房 「時には二人でカラオケ行きたいね」

    お粗末さまでございました。


  • ​​​​​​​​​-第168号-
    「ありがとう」の光明(2018.12)

    コラム

    2018.12.01

    私は毎朝我が家の仏壇・神棚に向かって「今日一日よろしくお願いします、ありがとうございます」一日を終え「今日一日ありがとうございました」まぁこんな具合で手を合わせております。今号はそのことに関連して「ありがとう」の光明と題しましてお送りいたします。どうぞ最後までお付き合いください。


    若い頃、この「ありがとう」が中々言えず、特に親に対しては全く言えませんでした。若さゆえ恥ずかしさが先に立ったのかもしれません。しかし歳を重ねていきますと、この「ありがとう」が自然に素直に言えるようになるから不思議ですよね。現在、我が家では「ありがとう」がすっかり定着しております。


    さて、ここで皆さんに今年最後のプレゼントと致しまして「ありがとう」の効力についてお話させていただきます。今から10年程前の話になりますが、こんな出来事がありました。当時、弊社では毎週末洗車日と致しまして営業車を全員で手洗い洗車しておりました。そしてそんな関係もあり、私も毎週末自宅で自家用車を洗車しておりました。又、乗る前と乗り終えた後に必ず車に向かって「ありがとう」と自然に言っておりました。


    そんなある日、私のよそ見運転から前の車に追突しそうになったことがあったのです。私は瞬間的に「もう駄目だ」と思いましたが、これが不思議と間一髪難を逃れたのであります。皆さんどう感じとったでしょうか。「たまたま偶然だよ」と思う方もおられるかと思いますが、私は単純な男ですので、普段の「ありがとう」が車に乗り移って「今回だけ、助けてやろう」と車の神様が思ったのかも知れないと正直思いました。


    それ以来、車に限らず何事に対してもこの「ありがとう」を言うよう心掛けております。普段使っているメールの返信にも「ありがとう」、もちろん我が家のおなじみ愛犬(タロウ・サスケ)に対しても、迎えてくれた時「ありがとう」、寝る時「ありがとう」ありがとうの連発なのであります。そうするとタロウ・サスケもわかるのですね。それに答えるべく大きく尻尾を振って私に応えてくれるのであります。私はまた嬉しくなって「ありがとう」まぁこんな具合であります。


    せっかく親から頂いた命ですから、大事にしてハッピーな人生で終わりたいものです。その為にはこの「ありがとう」を局面、局面で使うことが人生の潤滑油になるのではないでしょうか。恥ずかしくて未だ言えていない方も、是非今日から実践してみてはいかがでしょうか。きっと「ありがとう」の光明があること間違いなしであります。


    さて、遅くなりましたが皆様に文字通り今年一年の感謝を込めて「一年間ありがとうございました」と申し上げ、そして2019年が皆様にとりまして素晴らしい年になりますこと心から念じております。今年も最後まで読んでいただきありがとうございました。

    Image
  • ​​​​​​​​-第167号-
    ​えぇっ‼、ストーカー?(2018.11)

    コラム

    2018.11.01

    やら、物騒なタイトルでスタート致しましたが、実はこれ我が家で飼っております、おなじみタロウとサスケ(柴犬オス)の話でありまして、久々にこのコーナーへの登場であります。今号は少し癒しを感じていただきたく書かせていただきました。どうぞ最後までお付き合いください。


    おなじみ我が家のタロウとサスケもおかげさまで4歳半となりました。人間で言いますと35歳前後と言ったところでしょうか。2匹は相変わらず早起きで、毎朝4時30分に起床するのであります。おかげで、我々夫婦も夏冬関係なくオールシーズン365日休みなく4時30分起床です。今ではすっかりその時間帯に起床することが習慣化されました。


    私は、その2匹、特にタロウから最近心地よいストーカー行為を受けているのであります。朝私がスーツに着替え、今日は仕事だなぁとわかりますと追って来ませんが、いざ休みだとわかりますと、もう大変です。人(犬)が変わったように「好きよ!好きよ!」と攻め立てて来るのであります。食事をしていようが、トイレに入っていようが、新聞を読んでいようが全くお構いなしにラブコールを送ってくるのであります。女房から「お父さん、もうタロウちゃん目がハート型よ、そんなに好かれて、幸せね」と言われているのでありますが、まぁ人からであろうと犬からであろうと好かれるのは光栄なことだと思っております。人間社会のストーカーは悲惨な事件に発展することがありますが、我が家のストーカーはいたって平和主義者なのであります。


    これを機会に犬を飼ってみたいという方「心地良いストーカー行為を受けるための3つの心得」と題しましてご紹介させていただきます。先ず家族の一員としての基本的なルールを躾けるにしても、人間の子供に接するように愛情を持って叱って下さい。虐待等はもっての外であります。そして指示に従えた時は、ちょっとオーバーアクション気味にほめてあげてください。更に、これが一番大切かと思いますが、人間同様、犬の尊厳を守り同じ生き物として平等に扱うことであります。そんな気持ちを抱きながら普段から犬に接して行きますと、犬も飼い主の気持ちを理解し、そのお返しにいっぱい、いっぱい癒しをくれるのであります。皆様、是非試してみてください。


    これからも、タロウとサスケの2匹が縁あって我が家に来た以上最後まで「野村家に飼われて良かった」と思ってもらえるよう心を込めて育てて行きたいと思っています。

    少しは癒しになったでしょうか。今号も夫婦の会話で閉めたいと思います。


    女房 「ほら、タロウちゃんまた見ているわよ、早く行ってあげて!」

    私  「タロウちゃんごめんね、今行くよ」

    女房 「私とタロウちゃん、どっちが大事なのかしらね」

    私  「・・・・・?」

    お粗末さまでした。

    Image