月刊
社長のコラム
株式会社療食サービス社長のコラム

  • -第181号-継承(2020.1)

    コラム

    2020.01.01

    皆さん、あけましておめでとうございます。皆さんも楽しみにしておられるかと思いますが、今年は東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。前回(1964年)の時私は小学5年生でした。人生で再び、自国開催のスポーツの祭典が見られることに感謝であります。皆さん、共に応援しましょう。


    さて、戦争や政治的な影響で紆余曲折は経ておりますが、このオリンピック・パラリンピックも、長い歴史の中で現在まで何とか継承されてまいりました。そこで、今号は弊社の事業継承について少しお話しさせていただきたいと思います。どうぞ最後までお付き合いください。


    皆さん、継承と聞いてどんなことを連想されるでしょうか。「先の人の身分・権利・義務・財産などを受け継ぐこと」と辞書にありました。実は、弊社でも今年から本格的に事業継承を始動することにしました。後継者は私の長男であります。俗に言う2代目であります。私は、何もわからず27歳で創業したこともあり「まぁよくここまで来たなぁ」というのが実感であります。継承は以前から息子に話していたこともあり、スムーズに事が進みました。


    しかし、この事業継承、世間で聞きますと、そう簡単にできるものではないと考えております。創業した当時は社員数もお客様も少なく、家庭の延長のようなものでありましたのであまり問題視することはありませんでした。しかし、今やお客様の数も増え、大きく環境が変わってきており、これをまとめ上げていくことは並大抵のことではありません。それをどのようにしたらいいのかいろいろと思案しました。


    その結果、何事もそうかもしれませんが、人の良いところを伸ばしてあげれば伸びるように、会社も、同じように良いところを継承させればいいのではないかと思ったのです。社員と共に作り上げた40年間の良きDNAを息子に継承することができれば、困難な作業も円滑に進めることができるのではないでしょうか。


    以下に継承すべき弊社の良きDNA3つ挙げてみました。

    一つ お客様に謙虚な気持ちで接すること。

    一つ 社員の良き文化を継承していくこと。

    一つ 社会に弊社の価値を享受していただくこと。


    以上の3つを心得、皆様から「これなら大丈夫」と言っていただけるよう努めてまいります。そして、その暁に、息子や社員たちが、これからの療食サービスを背負えるようになってくれたら創業者としてこの上ない喜びであります。


    今号は事業継承についてお話させていただきました。最後までお付き合いいただきありがとうございました。


    新年も夫婦の会話で締めたいと思います。

    私  「いよいよ4月から再スタートだね」

    女房 「お父さん楽しみだねぇ」

    私  「私もそういう歳になったなぁ」

    女房 「お父さん、本読みながら寝ている場合じゃないわよ!」

    お粗末様でございました。


  • -第180号-​サービスの原点(2019.12)

    コラム

    2019.12.01

    早いもので今年も残すところ一か月になりました。皆様のご心境はいかがでしょうか。私は、ある出来事に遭遇し、改めてサービスの原点を学んだ思いがしました。そんな話題を織り交ぜながら今号はお送りいたします。どうぞ最後までお付き合いください。


    以前にも書かせていただきましたが、私は料理を作ることが大好きであります。でも、女房にはちょっぴり不評であります。その理由は、私が相撲部屋のように大量に作ってしまうことです。「わかっているけどやめられない」という歌がありますが、まさしくその心境なのであります。もう半分病気でしょうかね(笑)。


    さて、その話題はさておき先日こんな出来事がありました。いつものように夫婦二人でスーパーに行った時、運悪く大粒の雨が降ってきました。少し待てば止むだろうと車内で待機していましたが、一向に止む気配がありません。「じゃ、ずぶ濡れで行こう」と二人で小走りに走り出した時、スーパーの方から店員さんらしき二人が傘を持って私たちのところへ向かって来るではありませんか。そして「どうぞ傘をお使いください」と差しだしてくれたのであります。私も女房も突然のことでびっくりしましたが、大助かりでした。その後、店員さんが「雨の中のご来店ありがとうございます」とこれまた丁寧にあいさつしてくれたのであります。


    皆さんいかがでしょうか。今時このような対応があるでしょうか。このスーパーの雨の日の接客マニュアルになっているのかもしれませんが、それにしても、ずぶ濡れになって迎えてくれるということ自体中々できることではありません。私は、このサービスを目のあたりにし、商売の原点と言いましょうか、はたまた人生の生き方と言いましょうか大きな気づきをいただいた思いでありました。


    それは「人に施すこと」そして「素直に感謝すること」このことに尽きるのではないでしょうか。後日、ある方からそのスーパーの経営理念を聞くことができました。創業社長が、社員に対して「わざわざ遠くから来てくださるお客様に、常に感謝することが大事だよ」と常に言っていたそうです。今でもこの教えを守り傘のサービスにつないでいるのですね。私はすごく得した気分になり、その日は最高の一日になりました。


    弊社の取り組みはまだまだ発展途上でありますが、これらの教えを守り社員教育につないでいきたいと思います。引き続きご指導の程よろしくお願い申し上げます。


    最後になりましたが、皆様にとりましても2020年が素晴らしい一年になりますことを心から祈念申し上げ、年末のご挨拶とさせていただきます。一年間本当にありがとうございました。

    今年も最後は夫婦の会話で締めたいと思います。


    私  「傘のサービス良かったね、感動したよ!」

    女房 「どんな教育しているのかしらね」

    私  「社長の顔が見たいね」

    女房 「お父さん、同じ社長だから頑張って!」

    お粗末様でございました。

    今号も最後までお付き合いいただきありがとうございました。


  • -第179号-
    ​わが社の働き方改革(2019.11)

    コラム

    2019.11.01

    政府の肝煎りで4月からスタートした働き方改革、皆さんの職場ではいかがでしょうか。まだ発展途上ではありますが、今号は弊社の取り組みについて少しご紹介させていただきたいと思います。どうぞ最後までお付き合いください。


    最近つくづく時代は変化するものだなぁと実感するものがございます。その一つが有給休暇制度の在り方であります。私が創業した40年前にも勿論この制度はありましたが、あまり実行されていませんでした。そこで、その反省を踏まえて新しい仕組みをスタートさせました。土・日曜日の2回を挟み9連休を取得させるようにしたのであります。それも前期と後期に分けて年2回取得できるのであります。「何、9連休2回だと!」「それ、どういうこと!」とお叱りをいただくお客様もいらっしゃるかもしれませんがどうかお許しください。


    私は創業期、会社を経営するにあたって一つの誓いを立てました。それは「自分はさておき、人に与えること」を優先しょうと考えたのであります。つまり今流で言いますとアメリカのトランプ大統領がアメリカファーストと言っているように、私は社員ファーストで経営をしょうと考えたのであります。その発想の原点は私の両親にあるのかもしれません。子供の頃、両親は食べなくても私と弟に食べさせてくれました。子供心に「親はすごいなぁ」と感じたものであります。


    そんな思いがいつも脳裏にありまして、会社は家族、社員は子供、子供に与えることが社長の責任、偉そうなことを言っているようですが、そんな風に感じておりました。9連休はその一環なのであります。ただし休暇を取るにあたって一つだけ条件を付けました。それは期間中どこかで親孝行をすることであります。ある人は親とゆっくり食事をしたり、親を亡くした人は親の墓参りに行ったりと、社員一人一人が計画を立て実行してくれているのであります。


    社員から「久しぶりに親とゆっくり話すことができました」「墓参りに行ってきました」などリフレッシュの便りが届くたびに親を思い出します。お客様に良い提案を差し上げるためには、まずは社員が満足できる環境を作ってあげること、そのうえでお客様満足を追求することができればと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。


    今号は働き方改革の一端をご披露させて頂きました。今号も最後までお付き合いいただきありがとうございました。今号も夫婦の会話で締めたいと思います。


    女房 「私たちも9連休欲しいわね!」

    私  「社長だからなぁ」

    女房 「じゃ、女房孝行休暇作ったら!」

    私  「・・・・・」

    お粗末様でございました。