月刊
社長のコラム
株式会社療食サービス社長のコラム

  • ​​​-第152号-
    ​お皿もなめちゃいます!(2017.8)

    コラム

    2017.08.01

    ご覧の写真はおなじみ我が家の愛犬(タロウ・サスケ)であります。朝晩出された食事をぺろりと平らげ、「もっとないの?」と催促しているかのようでありまして、今号はそんな話題を織り交ぜながら「お皿もなめちゃいます!」と題しましてお送りいたします。最後までお付き合いください。


    我が家のタロウとサスケは現在3歳半を迎えたところでありまして、人間で言いますと20歳代と言ったところでしょうか。規則正しい生活を送っているせいか病気もせず毎日元気に飛び跳ねております。ここからは我々人間社会の話でありますが、少し歳と共に気になることがあるのです。それは家庭でも外食でも同じことですが食べ残すことが当たり前の風潮になっていることです。特に私が最も心を痛めるのは宴会時の食べ残しでありまして美味しい料理が全く手つかずの状態で残ってしまうことであります。つくづく「もったいないなぁ、誰かに食べてもらいたいなぁ」と思ってしまいます。


    宴会は乾杯が過ぎますと、皆さん席を立つ人が増え、私もそうですが、お酒が入りますとついつい話に夢中になり、気が付くと中締めと言った具合で全く料理を口にすることなく終わってしまうことが多々あるのです。しかし考えてみてください。地球上には食べたくても食べられない人が何億人もいる訳でありまして、それこそ正に罰が当たる行為であると反省することしきりであります。


    そんな折、あるテレビ番組で「これ使えるなぁ」と思えるような情報がありまして、その情報を早々会社のメンバーに話したところ、「やりましょう」ということになり、弊社宴会で試すことにしました。そうしたらそれが意外と受けたのです。それは実に簡単なことでありまして、宴会終了時間15分前に、「皆さんこれから食事タイムです、各自自分の席に戻って料理を食べましょう」とそれだけアナウンスするのです。皆さんいかがでしょう。

    これだったら誰でもできますよね。これによって食べ残しがなくなれば最高ですよね。弊社では宴会時にこの方法を取り入れ、残さない教育を実践しているところであります。学校給食も同じように、配膳の際、前もって自分に合った量に調整することで食べ残しを無くす教育が実践されていることは、大変喜ばしいことだと思っております。人間も動物も、限られた資源を有効活用しながら、おなか一杯食べることのできる幸せを実感しながら食を楽しみたいものだと思いました。


    今号もいつものように夫婦の会話で締めたいと思います。

    女房「お父さん、カレー作っても一週間、天ぷら作っても一週間、これやめてよね」

    私 「でも、捨てていないよね」

    女房「だけどさ、一週間どう考えても長いわよね」

    私 「・・・・・・」


    お粗末様でございました。今号も最後まで読んでいただきありがとうございました。


    2017-8-2 2017.8-1
  • ​​​-第151号-
    ちょっと失礼(2017.7)

    コラム

    2017.07.01

    最近は、私がお客様を訪問させていただいた際に、「あら、こんな遠くまでご苦労様です。でも毎月社長コラム読んでいるから初対面とは思えないわ」と言ったご意見をいただけるようになりました。私にとりましてはこの上ない喜びでありまして、改めてコラムを書くことの大切さを実感しているところで御座います。また、未だ訪問できていないお客様に対しましては、大変申し訳なく思っております。今後時間の許す限り機会を作りまして、訪問させていただきたく思っております。その際はどうぞよろしくお願い致します。さて、今号は「ちょっと失礼」と題しましてお送りいたします。どうぞ最後までお付き合いください。


    最近、歳と共に公私にわたりいろんな役を仰せつかるようになりました。私は元来、頼られると嫌と言えない性分でありますので、原則素直にお引き受けしております。いろいろな会合に出席しますと、決まって最後は宴席になることが多く、昼はランチに、夜は宴会にと、連日アルコール漬けの日もありますが、元来好きなタイプでありますので、全く苦にならないのです。女房が心配して「お父さん、歳だから無理しないで!」と言ってくれるのですが、それはそれで人生の良い経験として、楽しませていただいております。


    皆さんお酒が入りますと時間と共に気分が良くなり、普段会議で聞けないような話がポンポンと出てくるようになりまして、私にとりましては宴席が実に実りある時間になるのです。飲みニュケーションは、今も昔もお互いの本音を引き出すための必須ツールの一つですね。そんなわけでいつも耳をダンボにして周囲の人の話を聞いております。


    さて、今号はここからが本題でありまして、若かりし頃の飲み会は「なるほどね」「うんそうか」とただ受け流して聞いておりましたが、正直なところあまり内容を真剣に聞いておりませんでした。それが最近この手の話に対する関心度が高まっておりまして「良い話だなぁ」「あれ、これ会社で使えるなぁ」と言った具合にどんどん人の話が自社や自分に置き換えて聞けるようになって来たのです。これって長年培った宴席での授業料の集積かも知れませんね。そこでタイトルの「ちょっと失礼」と相成るのであります。


    その後、実はトイレに駆け込み、今の話を忘れまいと必死でメモしているのであります。「あれ、このおじさん、何しているのだろう?」と思っている方もいるかもしれませんが、全くお構い無しで、必死でメモしているのであります。時には自分で書いた字が、全く読めない日もあるのですが、一つでも多く貴重な情報を収集しようとしているのであります。


     皆さんいかが感じ取っていただけたでしょうか。今号は「いくつになっても勉強ですね」という話をさせていただきました。最後に、「あら、今日野村さんトイレ長いわね」と感じることが御座いましたら、もしかすると実は飲み過ぎかもしれません。その際はご容赦下さい。今号も最後まで読んでいただきありがとうございました。

    Image
  • ​​-第150号-
    憩の一時(2017.6)

    コラム

    2017.06.01

    女房「ねぇお父さん、今頃陽万ちゃん何しているかしらねぇ」

    私 「う~ん、そうだなぁ」


    前号で初孫の話をさせていただきましたが、こんな会話をしながら、日曜日の昼下がりにとある場所で、夫婦でお茶しているのであります。今号はそんなたわいもない話をお送りさせていただきます。どうぞお付き合いください。


    子供が小さかった頃は、なかなか二人で出かけることができませんでしたが、最近になってようやく子供も自立し、このように二人で時々出かけているのであります。「とある場所ってどこですか」と聞かれそうでありますが、実はこの場所、皆さんも行かれていると思いますが「ミスタードーナツ」の店舗であります。


    私、どういうわけか最近、甘党に変身しまして、甘いもの大好き人間になってしまいました。幸い女房もドーナツが大好きであります。なんといいましても美味しいし、それにお手頃価格が良いですよね。1時間ほどドーナツを食べながら二人でお茶してくるのであります。


    ところで我が家にいる時の夫婦の会話でありますが、これがいたってシンプルな体系でありまして、女房が8割、私が2割しゃべるといった感じでありまして、どちらかと言いますと私は「あー」とか「うー」とか言っているのが多いのですが、せめて出た時ぐらいは私も参戦しようと多弁になろうとするのですが、これが中々壁を越えられず、いつも決まって結果は7対3ぐらいに落ち着くのであります。しかし会話はしゃべるだけでは会話でありませんよね。聞く人がいて初めて会話になるのです。私も含めて耳の痛い男性も多いと思いますが、どちらにしても外での会話は楽しみの一つなのであります。

    ついでにどんな話をしているのですかと聞かれますと、これまたたわいもない話でありまして、子供の話だったり、孫の話だったり、そして世間の話だったりと、不思議と場所が変わると話が弾みまして楽しい一時なのであります。これからも引き続き続けていきたいと思います。皆さんも時間を見つけてお茶してみませんか。


    今号は会話の多い紙面になりましたが、ついでにもう一つ、

    私 「この歳になるとつくづく人生の速さを実感するね」

    女房「ねぇお父さん、感傷に浸ってないで、早くドーナツ食べて帰りましょうよ」

    私 「人それぞれ生きる道は違うけれど、その時、その時を大切にしながら楽しむことが人生かなぁ」

    女房「あら、お父さん今日はしゃべるわねぇ」

    つたない話を最後までお読みいただきありがとうございました。今度こそ〆としたいと思います。


    私 「コーヒー美味しいね」

    女房「美味しいね」

    私 「来月、陽万ちゃんのところに遊びに行こうか!」

    女房「良いわね!」

    お粗末様でした。

    Image