月刊
社長のコラム
株式会社療食サービス社長のコラム

  • ​​​​​​​-第161号-
    ​憩の一時.パート2(2018.5)

    コラム

    2018.05.01

    あちこちから、小鳥のさえずりと共に桜便りが聞こえて来るようになりました。皆様の所の桜前線はいかがでしょうか。私も縮こまっていた体が春の足音と共にしだいに伸びて行き、気候も絶好のウォーキング日和で、「よーし、今日は1万5千歩、歩くぞ!」そんな気分にさせられている今日このごろで御座います。さて、今号はパート2と題しまして、以前のコラム(第150号)でお送りいたしました話題の続編をお送りいたします。どうか最後までお付き合いください。


    ここで前号の内容について簡単に振り返らせていただきますと、我々夫婦も子育てが終了し、夫婦そろって出かけることが多くなりました。そんな時ちょっと立ち寄るのがミスタードーナツのお店でありまして、二人でお茶をするのが楽しみになっているという話題でした。 


    それが最近は、どういう訳かそこに義父が参戦するようになってきております。義父は今まで東京に住んでおりましたが、5年前連れ合いを亡くし、独り暮らしで寂しくなったのでしょう。私とも馬が合うので「是非、いらしてください」ということになり、我々夫婦の近くに越してまいりました。


    そんなわけで、最近は毎週末3人でめいめいに好きなドーナツを食べながらお茶をしているのであります。義父は長年教員をしていたことも手伝ってか、おしゃべりが大好きでありまして、1時間程、政治や経済の話、子供の話、はたまた教育論と多岐にわたり持論を展開し、我々夫婦を相手に独演会を開催しているのであります。我々はただただ圧倒されているだけで「うーん」「えぇー」と相打ちするのが精いっぱいであります。それはそれは、全く88歳の高齢者が話しているようには見えないのであります。


    そこで、「どうしてそんなに元気なのだろう」と考えてみました。それには以下の3つの要因があることを感じました。まず、一つ目は今まで周りに影響されることなく自分の理念を貫いて来たことだと感じました。二つ目は月並みでありますが、やはり腹八分目の食事術だと思います。そして三つ目は、これが一番の秘訣かも知れませんが、いつまでも夢・ビジョンを持ち続けていることだと思います。


    皆さんいかが感じ取っていただけたでしょうか。私など「すごいね、なるほどねぇ」とただただ感心するばかりでありますが、どちらにしても人間、心と体のバランスがとれてうまく融合していることが一番大切だなぁと義父を見て改めて感じました。私もこれから見習って、いつまでも3人でドーナツを食べに行けるよう精進して行きたいと思います。 


    今号は憩の一時(パート2)と題しましてお送りいたしました。最後まで読んでいただきありがとうございました。今号も夫婦の会話で閉めたいと思います。


    女房 「ねぇ、おじいちゃん、今日も元気だったね」

    私  「百歳まで長生きするねぇ!」

    女房 「本当ね、お父さんも百歳まで頑張って!」

    私  「難しいと思うけど、頑張ります!」

    お粗末さまでした。

    Image

  • ​​​​​​-第160号-
    ​団結力(2018.4)

    コラム

    2018.04.01

    あちこちから、小鳥のさえずりと共に桜便りが聞こえて来るようになりました。我が家に近い那須高原もいよいよ春本番を迎え良い季節になってまいりました。皆様の所の桜前線はいかがでしょうか。


    さて、振り返りますと今年の冬は例年になく寒く、そして雪が沢山降りました。私のような寒がりにとっては、今年ほど防寒具が有り難いと感じた年はありませんでした。歳のせいでしょうかね。ご覧の写真は2月に降った時の雪かきの模様であります。今号はその話題を織り交ぜながら団結力についてお話したいと思います。今号も最後までお付き合いください。


    雪が多く降りますと、我々の生活面でもいろいろ支障が出て来て、雪が大敵のように思われがちでありますが、実は全く降らなくてもマイナス面が多いのであります。一例を挙げますと、スキー場です。降雪量が減れば営業に支障をきたし、集客も減り観光面での打撃となります。また、夏場の水不足も心配であります。水不足になりますと稲作への影響が懸念され、経済への影響も大なのであります。必要とされる場所に適度に降ってもらうことがベストでありますが、これは自然相手ですから神頼みしかありませんね。


    それはさておき、弊社では雪が降りますと本社社員総出で雪かきをするのが慣例となっておりまして、めいめいがスコップ片手に雪かきをするのであります。ご覧の写真は、皆で会社の周りや物流センター、駐車場等をくまなく雪かきしている姿でありまして、たっぷり2時間程汗を流すのであります。


    それには前日から段取りが必要でありまして、総務から「明日は雪が降る予報です。皆さん雪かきの準備をお願いします」とアナウンスがあるのであります。そうすると翌日、早い社員は6時頃に出社し、大体7時頃には全員集合し決行するのであります。雪かきを始める頃は手足がまだかじかみますが、時間と共に徐々に体もほぐれ、終わる頃にはうっすら汗をかいているのであります。おかげさまで日頃の運動不足が解消するのであります。


    「なぜそんな時間からやるの?」と思われる方もおられると思いますが、皆様もご承知のように雪は固まると中々溶けにくく、それに滑ってしまうと危ないですよね。固まる前にやるのがコツなのであります。それに私が一番大切にしていることは、以前このコーナーで自分の周りの雪かきができる人と、できていない人との差についてお話させていただいたことがありましたが、やはり他人様から見た時に「○○会社の周りはきれいに雪かきしてあるね」と言われるのと、「○○会社の周りカチカチで危ないね」と言われるのでは雲泥の差があると思います。誰だって早めに雪かきした方が良いことは分かっていますが、それが中々できないのであります。しかし弊社は社員が毎週欠かさず会社の周りを掃除してくれていることもあり、雪かきはその延長線上であり、率先して雪かきができるのであります。


    私にとって雪かき日は日ごろの社員への感謝と共に、社内の団結力を実感できる良い一日になるのであります。これからも微力ではありますが地域社会に少しでも貢献できるよう頑張ってまいります。雪に感謝であります。今号は社内の一面をご披露させていただきました。今号も最後まで読んでいただきありがとうございました。今号も夫婦の会話で閉めたいと思います。


    私  「今日は雪かき2時間やったよ」

    女房 「お父さん体大丈夫」

    私  「腰が痛いなぁ」

    女房 「張り切り過ぎよ」

    お粗末さまでした。




  • ​​​​​​-第159号-
    ​習慣(2018.3)

    コラム

    2018.03.01

    春の日差しをいっぱい浴びながら福寿草の花は今か今かとばかりに芽を膨らませております。春の足音がもうそこまで聞こえてきておりますが皆さんお変わりありませんか。

    今号は習慣と題しましてお送りいたします。最後までお付き合いください。


    先日久しぶりに家族が揃ったので「お父さんのおごりだよ。なんでも沢山好きなもの食べな」とファミレスに行ってきました。「やっぱり家族で食べるご飯は美味しいねぇ」と久しぶりに家長ぶりを発揮してまいりました。


    これからお話する内容はそのファミレスであったノンフィクションのお話であります。私たちが座った隣の席に年のころ30歳代のご夫婦とお子さんが二人、小学校低学年と言ったところでしょうか、皆さん和気あいあいと美味しそうにハンバーグを食べていました。そこまではどこにでもある風景ですが、その後、帰り際にそのファミリーの方を見ると、なんと家族皆で食べ終えた食器を器ごとに揃えているではありませんか。


    お母さん「○○ちゃん、そうそうこのお皿はこちらに重ねてね」
        「○○ちゃん、このコップはここにおいてね」

    それを見ているお父さんもお箸を集めたり、ナプキンを畳んだりと、それは見事にウエートレスさんが仕事しやすいようにまとめているのであります。それを見て思わず女房・娘「わぁ、きれいに並べている。すごいね!」と思わず驚きの声をあげてしまいました。


    どうやら、お母さんの指示で動いているようでありましたが、見ている私たちまでもが微笑や、嬉しさがこみ上げてくる思いでありました。皆さんはいかがでしょうか。


    「いや、そんなこととっくにやっているよ」と言う方もおられるかも知れませんが、中々できることではありません。私も普段は女房と二人きりの生活のため、後片づけはバッチリなのですが、これが一歩外に出ますと中々できないものでありまして、恐らくこのファミリーは、普段の生活の中で食後の片付けがきっちり出来ているから、外に行っても違和感なく行えるのだと思います。まさしく良い習慣の見本のようなものだと思いました。


    私などまだ未熟者なので、お金を出しているのだからやらなくても当たり前と思ってしまいます。私もこれからこのファミリーを見習って未来の子供たちに良い習慣が伝授できるよう精進してまいりたいと思います。そんな気づきを頂いたファミレスでの一コマでありました。ファミリーに感謝であります。


    今号は習慣と題しましてお送りいたしました。久しぶりに夫婦に娘が加わり閉めたいと思います。


    女房 「ねぇ、お父さん素晴らしいファミリーだったねぇ」

    私 「本当に勉強になったなぁ」

    娘 「子供たち、大きくなったらすごい人になるねぇ」

    私 「お父さんみたいになるかぁ」

    女房・娘「・・・・・」

    お粗末さまでございました。

    Image Image Image