月刊
社長のコラム
株式会社療食サービス社長のコラム

  • ​​​​​​​​-第163号-
    ​苦楽を共にする(2018.7)

    コラム

    2018.07.01

    「あら、横須賀さんじゃない、相変わらず元気そうね」
    「あら、相馬さん、少し薄くなったかな?(笑)」
    「珍しい、矢端さんじゃない、髪白くなったねぇ」
    「あれあれ、社長!野村さん!相変わらずダンディね」

    と、思われているかどうかは分かりませんが、上記メンバーをご存じのお客様には懐かしさを感じていただけたのではないでしょうか。どちらにしましても我々年相応になりました。今号は「苦楽を共にする」と題しましてお送りいたします。どうぞ最後までお付き合いください。

    この写真、横須賀君(メガネをかけている人)が3月で退職した時の送別会の写真であります。彼は途中の修行期間を除いても、通算15年間余り会社を支えてくれました。私にとりましては、相馬さんと共に助さん、格さん的な存在でありまして、良く頑張ってくれたと思います。そんなメンバーに支えられた弊社でありますが、おかげさまで今年38年目を迎えることができました。これも偏に日ごろのお客様のご愛顧と共に私を支えてくれた社員のおかげと感謝するところであります。


    ここに写っているメンバーは、創業期に苦楽を共にしながら私を側面から支えてくれたメンバーであります。私も20代と若かったこともあり、彼達に日々無理難題を押し付けておりました。今でこそ働き方改革と銘打って法令遵守を心がけておりますが、その時代は、あまり気にかけておりませんでした。人様に胸張って話せることではありませんが、15年以上前のことですので、反省の意味も込めましてその一端をご披露させていただきます。

     始業時間が8時半にも関わらず全員営業は6時頃に出社し、商品の積み込みから始めるのであります。それを終えますと、すぐさまお客様に直行です。17時の終業に合わせて帰れると思いきや、これからが本番で明日の準備が完了するのは毎日22時過ぎであります。今の社員だったらおそらく全員辞めてしまうでしょうが、そのくらい皆一生懸命働いてくれました。

    私自身は楽しい思い出ばかりでありますが、社員にとっては相当大変だったと思います。とにかく良く頑張ってくれました。今日あるのも彼達の頑張りのお蔭と心から感謝すると共に、そんな社員たちと力を合わせてやって来たことを誇りに思うところであります。時代が変わりワーク・ライフ・バランスが社会の中心になっても、一人前の戦力として認められるために、仕事に夢中になる時期があっても良いのではないでしょうか。皆さんいかが感じ取っていただいたでしょうか。今号は「苦楽を共にする」と題しましてお送りいたしました。

    今号は、女房との会話でなく、メンバーとの会話で閉めたいと思います。

    私  「今日は皆ありがとう、さぁ、今から飲み直しに行くぞ」
    三人 「いやいや、社長そんな元気ありません、帰って寝ましょう」
    私  「そうだな、そうするか」
    三人 「お互い、歳には勝てないなぁ(笑)」

    横須賀君、長い間本当にありがとう。
    今後の人生に幸多かれと祈るばかりであります。

    Image

  • ​​​​​​​​-第162号-
    就活(2018.6)

    コラム

    2018.06.01

    皆さん、就活(就職活動)と聞いてどんなことを連想されるでしょうか。「良い思い出、無いのよね」「あの時があるから今があるのよね」と言った具合にいろいろな思い出があろうかと思います。私のような一昔前の人間にとりましては、今の世相に驚くことばかりでありまして、ただただ時代の流れを実感しているところであります。今号はそんな就活について少し話をさせていただきます。どうぞ最後までお付き合いください。


    創業した当時 (昭和56年、今から38年前) 学生さんの就活には全く縁がなく、それよりもむしろ「今いる社員をどうやって食べさせて行こうか」とそのことで頭がいっぱいでした。しかし、月日が経ち会社が成長して行く中で、今ではご覧のように就職ガイダンスに学生さんが集まるようになり、隔世の感を覚えます。


    ガイダンスに私も参加し、学生さんにいろいろ尋ねてみますと、これまた驚きでありまして、就活に対する考え方が随分変わったなぁと実感するのであります。私が20~30代の頃は、テレビCMにありましたように「24時間戦えますか」と言ったような世界で、全く時間を気にすることなく当たり前のように働いておりました。


    しかし、今そのような価値観は通用しない時代になり、むしろ個人的な生活を大事にしながら仕事との両立を図る、つまりワークライフバランスが重視される時代となりました。弊社も2~3年前から実践し、時短を推進しているところであります。毎週水曜日と金曜日をノー残業デーとし、定時退社を促しております。おかげさまで少しずつ定着化が進んでおります。とにかく社員が疲弊していたのではお客様満足どころか良いサービスなど出来ません。まだまだ弊社発展途上でありますがこれからもワークライフバランスを実践し、一歩も二歩も社員満足を高めてまいります。


    そして、弊社ブースに来てくださった学生さんが、弊社の取り組みに少しでも興味を持って、弊社を受験してくれればこの上ない喜びであります。皆さんのお知り合いの方で、弊社に興味のある方がいらっしゃれば、是非お声をかけて頂きたいと思っております。心よりお待ちしております。

    今号は今時の就活について話をさせていただきました。今号も夫婦の会話で閉めたいと思います。


    私  「創業当時は、道が不案内で面接時間に遅れた人を、社員が自転車で迎えに行ったことあったなぁ」

    女房 「確か、そんなことあったね」

    私  「今はこんなに学生さんが来てくれて有り難いね」

    女房 「時代が変わっても、採用基準はハートよね」

    私  「母ちゃん、良いこと言うね」

    お粗末さまでございました。

    Image Image
  • ​​​​​​​-第161号-
    ​憩の一時.パート2(2018.5)

    コラム

    2018.05.01

    あちこちから、小鳥のさえずりと共に桜便りが聞こえて来るようになりました。皆様の所の桜前線はいかがでしょうか。私も縮こまっていた体が春の足音と共にしだいに伸びて行き、気候も絶好のウォーキング日和で、「よーし、今日は1万5千歩、歩くぞ!」そんな気分にさせられている今日このごろで御座います。さて、今号はパート2と題しまして、以前のコラム(第150号)でお送りいたしました話題の続編をお送りいたします。どうか最後までお付き合いください。


    ここで前号の内容について簡単に振り返らせていただきますと、我々夫婦も子育てが終了し、夫婦そろって出かけることが多くなりました。そんな時ちょっと立ち寄るのがミスタードーナツのお店でありまして、二人でお茶をするのが楽しみになっているという話題でした。 


    それが最近は、どういう訳かそこに義父が参戦するようになってきております。義父は今まで東京に住んでおりましたが、5年前連れ合いを亡くし、独り暮らしで寂しくなったのでしょう。私とも馬が合うので「是非、いらしてください」ということになり、我々夫婦の近くに越してまいりました。


    そんなわけで、最近は毎週末3人でめいめいに好きなドーナツを食べながらお茶をしているのであります。義父は長年教員をしていたことも手伝ってか、おしゃべりが大好きでありまして、1時間程、政治や経済の話、子供の話、はたまた教育論と多岐にわたり持論を展開し、我々夫婦を相手に独演会を開催しているのであります。我々はただただ圧倒されているだけで「うーん」「えぇー」と相打ちするのが精いっぱいであります。それはそれは、全く88歳の高齢者が話しているようには見えないのであります。


    そこで、「どうしてそんなに元気なのだろう」と考えてみました。それには以下の3つの要因があることを感じました。まず、一つ目は今まで周りに影響されることなく自分の理念を貫いて来たことだと感じました。二つ目は月並みでありますが、やはり腹八分目の食事術だと思います。そして三つ目は、これが一番の秘訣かも知れませんが、いつまでも夢・ビジョンを持ち続けていることだと思います。


    皆さんいかが感じ取っていただけたでしょうか。私など「すごいね、なるほどねぇ」とただただ感心するばかりでありますが、どちらにしても人間、心と体のバランスがとれてうまく融合していることが一番大切だなぁと義父を見て改めて感じました。私もこれから見習って、いつまでも3人でドーナツを食べに行けるよう精進して行きたいと思います。 


    今号は憩の一時(パート2)と題しましてお送りいたしました。最後まで読んでいただきありがとうございました。今号も夫婦の会話で閉めたいと思います。


    女房 「ねぇ、おじいちゃん、今日も元気だったね」

    私  「百歳まで長生きするねぇ!」

    女房 「本当ね、お父さんも百歳まで頑張って!」

    私  「難しいと思うけど、頑張ります!」

    お粗末さまでした。

    Image